愛知県セルフガード協会とは?

愛知県セルガード協会 会長 市川周作

 世界でも治安のいい安全な国と言われてきた日本も21世紀に入り、その神話も徐々に揺らぎつつあります。安全で安心な生活を求める県民の関心は高まっており、欧米並みに「自分の安全は、自分で守る」という『セルフガード』の考え方、自主防犯意識が高まりつつあった2002年8月に、愛知県セルフガード協会は設立されました。

 当協会の設立について、ご尽力を頂いた愛知県警察によると、以前より犯罪の総量抑制を目的として、パトロール活動や犯罪の検挙・取締りを強力に進めるとともに、安全・安心まちづくりに向け様々な施策を推進されていましたが、犯罪の増加、巨悪犯罪の多発、ストーカー被害の深刻化などにより、県民の皆様が日常生活において身の回りの不安や脅威を感じる場面が多くなってきました。事件の検挙が地域の皆様方に安心感を与えることは言うまでもありませんが、まずは事件を発生させない防犯対策が肝要だということでありました。

 こうした中で当協会の果たすべき役割としては、防犯設備等に関係する事業を営む方々が、メーカー、錠前、施工業者等の業界の枠を超えて、緊密に連携し、かつお互いの事業の特性を生かし、警察と協働し、県民生活の安全、安心のために一致協力して取り組むことであります。近年その役割はますます重要になってきております。

 また、当協会の事業の根幹でもあります企業ボランティアの『防犯設備アドバイザー活動』につきましては、防犯環境設計のサポーターとして、警察はもとより、地区の防犯協会やボランティアの方々などとも連携を図り、地域に根ざした実践的な活動を推進していくことが必要と考えております。

 今後もセキュリティ産業の特性を生かして、地域安全活動を発展させることによって、優良な防犯設備等の普及促進を図り、安心して暮らせる安全なまちづくりに貢献することに邁進してまいります。

 県民の安全で安心な暮らしの実現に向け、警察関係や諸団体の皆様方のご指導はもとより、関係各位のご支援を頂きながら、協会の皆様と共に事業の推進を図って参ります。一層のご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

愛知県セルガード協会 会長 市川 周作


お電話でのお問い合せはこちら

電話番号:052-961-3501

(受付時間|土日祝を除く月~金 9:00〜17:00)